ウガンダによりみち。

人生の寄り道でウガンダの村に来ました。新しい発見があるといいな。

ウガンダの主食マトケを作ってみた。調理方法教えるね。

こんにちは。おおのです。

ウガンダの食べ物の代表バナナ。毎日のようにバナナを食べています。

ウガンダのバナナについてはこちらをどうぞ。

oochan-uganda.hatenablog.com

 

ウガンダに来て半年以上経ってついに、調理用バナナ、通称マトケを調理してみました。

需要はない気がしますが、その様子を紹介しますね。これでもかってくらいマトケの写真ばっかりです。

ウガンダ料理の先生

今回わたしの先生になってくれたアグネスです。かわいいでしょ。

f:id:oochan-ug:20170814154213j:image

アグネスは17歳の女の子。私の隣人(大家さん)のところでメイドとして働いています。毎日、朝昼晩と隣人たちのご飯を作っている働き者です。

私が帰るといつも「Welcome back!(おかえり!)」って言ってくれるのでうれしいです。

 

彼女が使っているキッチン。

f:id:oochan-ug:20170814154238j:image

壁は一面、煙で黒くなっています。

※ここで料理したので写真は暗めです、すみません。

必要な材料

マトケ

f:id:oochan-ug:20170814154542j:image

マトケ(バナナ)の葉っぱ 

f:id:oochan-ug:20170814154442j:image

マトケの調理方法。

要約すると、皮むいて、お鍋の準備して、蒸すして、つぶすだけ。

1.まずは皮むきから。

皮むきがとっても重要。

持ち方はこう。先端を上にするといいらしいです。

f:id:oochan-ug:20170814154603j:plain

そして包丁をザクッと入れて皮をむきます。

f:id:oochan-ug:20170814154710j:image

皮をむいたところと皮をむいたところの間(ちょっと山っぽくなったところ)に緑色(皮)が残ったりするので、ここもきれいに取ってあげます。

f:id:oochan-ug:20170814154729j:plain

緑が残ると、できあがりが汚くなるそうです。

これが記念すべき私がむいたマトケ。

f:id:oochan-ug:20170814154802j:image

むいたマトケは水にさらしておきます。(空気に触れると黒くなっちゃいます。)

f:id:oochan-ug:20170814154816j:plain

感想:皮が分厚く、中身はヌルっとしているので、ちょっと難しいです。むくのに時間がかかるとその分握っている時間も長くなり、バナナが黒くなっちゃって、そこをさらに削ってってやっていると、私が一本むき終わる間に、アグネスは4~5本むき終わっていました。さすがプロ!はやい!
f:id:oochan-ug:20170814154857j:image

マトケをむいた勲章。
f:id:oochan-ug:20170814154915j:image

もれなく手が黒くなります。

粘性もあり、これを洗って落とすのが大変。

 

2.お鍋の準備

お鍋の底にバナナの葉の葉柄?をこうやって敷き、水を加えます。

f:id:oochan-ug:20170814154942j:image

たぶんここ?

f:id:oochan-ug:20170814162609p:plain

そして緑の葉っぱを上にのせる。

f:id:oochan-ug:20170814155038j:image

その上に黄色い葉っぱをのせる。

f:id:oochan-ug:20170814155057j:image

※黄色い葉っぱを上にすると、出来上がるマトケがより黄色くなっていいそうです。

 

そしてむいたマトケをもう一度きれいに洗って、スマートになったマトケを葉っぱの上におきます。
f:id:oochan-ug:20170814155116j:image

そして葉っぱで包んでいきます。
f:id:oochan-ug:20170814155520j:image

ぐいっ
f:id:oochan-ug:20170814155522j:image

上には、葉っぱを丸めたものを重石として置きます。
f:id:oochan-ug:20170814155718j:image

この上にさらに葉っぱを重ねて、別のお鍋で蓋をします。

f:id:oochan-ug:20170814155732j:plain

 

3.火をつけて、蒸します。

ガスではなくもちろん木を燃やして火をおこします。

f:id:oochan-ug:20170814155802j:image

薪をくべるアグネス。

f:id:oochan-ug:20170814155816j:plain

火が用意で来たら、お鍋をセットして蒸します。

f:id:oochan-ug:20170814155845j:image

 

待つこと1時間半。
f:id:oochan-ug:20170814160840j:image

できました。

f:id:oochan-ug:20170814164648j:image

 

4.つぶしてなめらかにします。

包んであった葉っぱ(上の方)を取り除きます。

もちろん激熱なので、水を掛けながら。

f:id:oochan-ug:20170814164703j:image

そして、取り除いた葉っぱを水に付けます。

f:id:oochan-ug:20170814172713j:image

そのあとは押す、
f:id:oochan-ug:20170814160831j:image

 押す、

f:id:oochan-ug:20170814172817j:image

押す

f:id:oochan-ug:20170814172751j:image

するとマトケがマッシュされて、あの見覚えがあるマトケが完成します。

じゃーん。できあがり!

f:id:oochan-ug:20170814164812j:image

きれいな黄色!

 

これをお昼用、夜用って分けて、バナナに包んでました。
f:id:oochan-ug:20170814160839j:image

バナナの葉でパッキング

f:id:oochan-ug:20170814160835j:plain

ちなみにお皿をつかってすくうのがウガンダ流。
f:id:oochan-ug:20170814160841j:image

5.美味しくいただく

一緒に作ったマトケを一緒に食べました。(この日のソースは牛肉です。)

f:id:oochan-ug:20170814160832j:image

美味しかったです。アグネスありがとう。

 

おわりに

マトケの皮むきは他の野菜の皮むきよりちょっとやっかいです。皮がかたい。すべる。そして手が黒くなる。ウガンダでは女の子は小さいときにマトケのむき方を習うそうです。

 

ウガンダ人によく「マトケの皮はむけるか?」って聞かれてて、やったことがないから「No」って答えていたんですが、「(一応)むけるよ」って答えられるようになりましたー。

 

機会があればぜひマトケむいてみてください。ウガンダ人に喜ばれます。

マトケ好きなウガンダ人にとって、マトケがむけるか、調理できるかは重要なんだと思います。

 

ちなみに運動会では、マトケむき競争という種目もあったりします。
f:id:oochan-ug:20170814160833j:image
 

給食用のマトケをつくるときは、こんな感じでマトケをつぶしてます。重労働。 

f:id:oochan-ug:20170814164835j:image

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

広告を非表示にする